ブラウンデザイン




tei+Br-2.png



特注家具において、デザイン設計から製作までトップレベルを保つBROWNが
デジタル工作時代に適した業務スタイルを提案します。


特注家具の完成度は、製作設計密度に大きく左右されます。
デジタル工作時代の製作設計は、試作や仮組工程を省略します。

設計・製作ともデジタル化が進んだ事から、試作確認作業を設計上で行い、
各部品の製作は、CAD図面に基づいて、複数工場や複数の工程で、
一気に並行進行出来るようになりました。
そのため、NC(数値制御工作機)に正確に入力できる情報を持った、
密度の高い製作設計が、極めて重要になりました。


BROWNは、製作設計もお受けします。
詳しくは 主な業務メニュー をクリック下さい。

個性的な建築空間に組み込まれる特注家具の設計者には、製作技術の知識が必要な事は当然ですが、
建築図より、建築デザインや設備計画を把握出来る等の、複合した能力が必要です。
ところが、複雑な設計処理を求められる高級特注家具分野では、製作設計者が残念にも不足しています。

建築事務所のデザインが、製作設計に反映出来ず、図面修正を繰り返している。
人材不足により設計図が整わず、製造工程が混乱して困っている。
大きなプロジェクトに、複数の工場で取り組むため、製作図の共有が必要。
高級特注家具に、30年を超す実績を持つBROWNに、これらの解決策の相談が増えてきましたので、
製作設計業務の受注を始めました。



BROWNを、建築デザインを理解できる特注家具設計チームに、
ご検討ください。


ページの先頭へ